医療脱毛に保険が適用されないのは矛盾している

医療脱毛はクリニックで専用の手術をしなくてはならないものなので、費用が少し割高になってしまう傾向があります。
もちろん、それだけのお金を出すだけの価値がある手術に違いはないので、実際に医療脱毛を受けるときにはその点をしっかりと理解しておきましょう。

そもそも、なぜ医療脱毛は医療という名目で手術が行われるのに保険の適用がないのでしょうか。


実は、これは法律的にも矛盾している点であるといえます。

医療機器を利用して体毛の処理をすることは永久脱毛の一種として法律に規定されていますので、これが医療に分類されるものであることは法律も認めていることになります。



事実、手術をするときには医師の資格が無いと手術に参加することすらできないので実質的にも医療行為の一環として医師が関わっています。



こうした事情があるにもかかわらず保険の適用がないというのは、国家がその行為を治療をしなくてはならない行為だとは考えていないということを意味します。



保険の適用があるかないかの基準は国が決めた治療の必要性があるかどうかの基準で決まりますので、医療脱毛に関しては治療をしなくても日常生活を過ごすことに支障がないと判断されています。
それだけの理由なのですが、こうした事情があるため実際の手術では患者側が全額自己負担で手術の費用を支出しなくてはいけない背景があることを前提として知っておくことが大事です。

長期的な体毛の処理で医療機器を利用した方法以上に魅力的なものは存在しないので、有効な方法に違いはないからです。